アイアンの悩みを動画レッスンにて解決

ラインショットでボールを止める方法



>>ゴルフナレッジをまだダウンロードされていない方は
こちらをクリックしてダウンロードしてください<<

 

最近、ラインショットを挑戦しています。

方向性も8割以上が狙い通りです。
ただ、これまでのコントロールショットより飛距離が
一番手ぐらい落ちそうです。
スピンのかかり方が少ないので、グリーンに止まらず、
グリーン奥にこぼれていってしまいます。
方向性は良いので、グリーンに止まれば、まだスコアは10打近く
縮むかもしれません。
ラインショットでのスピンのきいた打ち方を指導してください。

 

どうしてもライン出しですと、フェースのローテーションをしないということで、
球の出だしは低くなってきます。
もちろん、ボールは止まりにくくなってはくると思うのですが、場面でつかいわけるのも重要になってきます。
例えば、風はフォローで、バンカー越えのピン手前といったポジションでライン出しというのは少し難しいのかな、と思います。
ただ、その中でも、ちょっとでもボールを止めるという打ち方、
ボールの回転をどういう風にかけていくのかをレッスンしていくので、ご覧ください。

 

ボールを止めるとなると、左から少し弱いボールで右に流れていくような、フェードを入れたようなボールの方がグリーン上では止まりやすくなってきます。
例えば、強いフックのボールでは、落ちてからどこまでも転がってしまいます。ここで敢えて、滑ったような、右に落ちていくようなボールを打つことで、
ボールは弱くなるので、グリーン上で止まりやすくなってきます。
その打ち方をご紹介します。

 

まず、通常にアドレスをしていただき、ラインだしですので、フェースを少しハンドファーストに構えていただき、
フェース面を変えないように、バックスイングし、そのままボディーターンしていくと思うのですが、
ここで一つ工夫を加えていきます。

 

スタンスの向きは、目標方向よりもオープンに構えていきます。
フェース面は目標ターゲット方向で結構です。
スイング軌道としては、バックスイングはアウト(スタンス方向)にあげていきます。
しっかりと体の回転でボールをスタンス方向に振り抜いていきます。
そうすることによって、出だしは少し左に出て、ボールが目標方向に
かえってくるといったボールが打てると思います。
では、一度、このスタンスの向き、スイング軌道、フェースの向きは目標方向ということで
振ってみてください。

 

スタンス方向を少しオープンにし、目標方向にフェースを向け、スタンス方向にバックスイングをして、
そこからスタンス方向にダウンスイングしていく。
そうすることによって右回転でボールが飛んでいきます。
一度、ボールの止まり具合を確認しながらこの練習をしてみてください。

 


 

ラインショットでボールを止める方法関連ページ

ロングアイアン苦手な人必見練習ドリル
ロングアイアンが苦手な人の傾向とその対策法についてレッスンします。
アイアンでの飛距離UP インパクトの形を確認!
アイアンについての皆様から寄せられた悩みを動画レッスンにて解決していきます。
アイアンとウッド スイングの違いとは? & 5アイアン練習法
アイアンについての皆様から寄せられた悩みを動画レッスンにて解決していきます。
ショートホールでのひっかかり防止 ワンポイントアドバイス
その他の悩み
脱シャンク ワンポイント練習法
その他の悩み