ゴルフのアドレスの質問

猫背ゴルファーの陥りやすいミスと解消法



>>ゴルフナレッジをまだダウンロードされていない方は
こちらをクリックしてダウンロードしてください<<

 

私は猫背なのですが、猫背ゴルファーの一般的な特徴と、陥りやすいミスショット、注意点などがありましたら教えてください。

 

アドレスの猫背についてですが、どういったミスになりやすいかをまず、解説していきたいと思います。

 

まず、通常のアドレスは、背中が平らになるような形で、スイング軸をつくり、スイングをしていくのが基本になりますが、どうしても、猫背になってくる人がいると思います。
猫背になってくる方は、全体的に丸みをおびた状態で、
このような状態で構えられます。
今のアドレスでも全然問題はありません。

 

ただ、問題があるのは、尾?骨(お尻の骨)からあばらの裏までが丸まってきてしまうと、スイング軸がなくなってきます。

 

 

スイング軸がないと、どんなミスになりやすいかを解説していきたいと思います。このように構えることによって、バックスイング時に、右の膝が割れてしまい、体重がリバースして左足側にかかってきます。
ダウンスイングでも左の膝が流れるか、もしくは後ろに伸びてしまい、体重が引けてしまう、足をつかって回転をしてしまいます。
回転軸がないので、自分の足首の方を回転軸にしてしまう。前傾角度が保てずに起き上がってしまう。
様々なミスを誘発してしまいます。

 

猫背でももちろん構いませんが、先ほど述べた、おしりの骨のラインから、あばらの裏のラインまではしっかりと平らに。尾?骨からワングリップぐらいのポジションまでは平らに構えられるようにしてください。
こうすることによって、骨盤のラインが斜めに使うことができます。ベルトのラインは斜めに入ります。

 

ここが猫背に丸まってきてしまう人は、うまく骨盤を使うことができないので、骨盤のラインだけしっかりとこのように斜めに使い、アドレスをつくってください。

 

 

こうすることにより、多少猫背でも問題ありません。
回転軸はあります。ダウンスイングでも前傾角度をキープしたまま膝のポジションも耐えられて、フォローもしっかりとフィニッシュまでもっていくことができます。

 

今、いくつかポイントをお話ししました。
一番大事なのは、猫背の部分ではなくて、おしりの骨の上からあばらの裏のラインまでしっかりと平にすることです。
骨盤のラインを斜めに使うということを頭に入れてアドレスをつくってみて下さい。

 


 

猫背ゴルファーの陥りやすいミスと解消法関連ページ

アドレスでのハンドファースト具合は?!
その他の悩み
アドレスでの右肩をチェック
アドレスで右肩が出てしまう方のチェック項目
アドレス時にちょっとした工夫(ひっかけ防止)
ゴルフのアドレスの悩み
アドレス!お悩み解決!!!
ゴルフのアドレスの悩み
基本レッスン〜アドレスでのスクエアフェイスとは〜
ゴルフのアドレスの悩み