ゴルフ 動画 レッスン

パターの悩み!一気に解決ドリル



>>ゴルフナレッジをまだダウンロードされていない方は
こちらをクリックしてダウンロードしてください<<

 

パターのインパクトでスクエアなインパクトを出すことができない、軌道がわからない、どこを向いているのかがわからない。

 

※もちろん、パターの悩みを一気に解決するために、ITパッティング理論を参考にしていただくのが1番なのですが、それをふまえて、軌道やインパクト、向きを一気に解決できる練習ドリルがないかと思い相談してみました!

 

本日使って練習していくのは、タバコの箱です。
ちょうど、タバコの箱はパターのフェースぐらいの長さになっています。
新品ののタバコの箱を用意してください。
(タバコを吸わない方は、買ってみて下さい)

 

タバコの箱をボールだと思ってインパクトをつくっていくのですが、
まずカップに向けて垂直にタバコの箱を置いていただきます。
それに対して、スクエアにタバコの箱に添わせるような形でフェース面を当てていきます。
1メートルぐらいの距離で練習をしていきます。

 

まず、箱をセットして、まっすぐかまえられているかどうか確認します。
タバコの箱が垂直にカップに向いているかどうか後ろからシャフトをボールとカップに重ねて、箱の側面とシャフトのラインが垂直になるようにセットしてください。

 

箱をボールとし、ストロークをしていきます。
ここで例えば、アウトに振ってインサイドに振ればタバコは左に飛んでいきます。また箱が変な回転をしてしまいます。
ここで箱が回転しないようにまっすぐこのまま滑っていくようなイメージでカップにターゲットに向いていくようにインパクトをつくっていきます。

 

悪い例をいくつかご紹介します。

 

クラブをインサイドにひいて、アウトサイドに出す、押し出すような形で打ってみてたいと思います。まっすぐ飛ばずに回転し右にいきます。

 

インパクトでフェースが閉じてしまう人、インパクトでかぶってしまう人、例えば開いてしまう人、箱が回転してしまいます。

 

この練習は、まっすぐなフェース向き、正しいストローク、正しいインパクトが身につきます。

 

このような形でタバコの箱を練習器具に見立て、パターマットなどで練習してみてください。

 


 

パターの悩み!一気に解決ドリル関連ページ

フォローを大きく美しく!練習ドリル
ゴルフの動画レッスンをまとめたサイトです